ブログトップ
Bird's Shiesta-野鳥のお昼寝-
takaortho.exblog.jp
タグ:スズメ ( 15 ) タグの人気記事
それにしても雨多いです
例年、GWの頃はシギチを見に遠征に出かけるのですが、今年は高速道路の料金値下げによる渋滞を避けることにしました。なので、ほとんど出かけずに、手をつけずに放っておいた本と録りだめした映画の毎日。かなりすっきりしました。その間、天気は雨ばかりで、なんだか得した気分(?)です。

そんな空模様の中、最初から白黒で処理するつもりで撮ってみました。
頭を振っている時の顔は、濡れていることもあり、なんだかスズメを通り越しちゃってますが(こち亀の両さん?)、頭だけは静止しているのが不思議です。

20090507-_S1J5020
20090507-_S1J4986
20090507-_S1J4958

【EOS1DMkIII EF500 F4x1.4, ISO1250】
[PR]
by takaortho | 2009-05-07 22:01 | 雑記
The Inauguration , そして Bird Strike
とうとうオバマ氏の大統領就任演説が間近に迫り、CNNもずっ〜とこの一大イベントの報道をしてます。リンカンメモリアル前のナショナルモール前の200万人以上の群衆を見ると西洋国家版の巡礼のようですね。ちょっと前にニューヨークで、それこそ大惨事になりかねないバードストライクによる旅客機墜落事故がありましたが、全員軽傷以下で済んだ奇跡もこの日のための予兆にすら思えます。
→Tracking US Airways Flight 1549:http://www.nytimes.com/interactive/2009/01/15/nyregion/20090115-plane-crash-970.html

このバードストライク事故は結果オーライではありますが、鳥好きの身としては、いろいろ考えさせられる事件でした。鳥がぶつかってしまうのはvs飛行機が目立つのですが、実はその数は微々たるもので、圧倒的に多いのは電波塔、高電圧配電網なんですよね。それから建築物のガラス。最近の鏡張り窓を施した建築物には思いっきり鳥たちはぶつかっているようです。そうしたビルは都心部から離れた田園地帯にも波及しており、そうした場所を開けた野原や森として記憶している渡り鳥たちには脅威でしょうね。アメリカの調査では北米だけでも年間一億羽以上の鳥が激突して首の骨を折っているという報告があります。

2年ほど前になりますが、鳥たちがガラスを障害物として認識できていないのを実感したことがあります。ある昼間に少しあけておいた窓からスズメが家の中に入ってきてしまったのです。パニクったスズメは今度は別の窓から逃げようとして、ガラスに激突してしまいました。そして床に落下して仰向けになったまま。脳しんとうを起こしたのでしょうか、しばらく動きませんでした。30分ほどしてもぞもぞ動き始めた時に撮っておいた写真です。まだ嘴に黄色味の残る幼鳥でした。かわいいです。
20090121_sparrow20090121_sparrow
どこも外傷はないようで、この後、屋外に連れて行ったところで、さっと飛び立ちどこかに行ってしまいました。これだけ小さな鳥でほんの2mぐらいの距離を飛んでぶつかった衝撃でも脳しんとうを起こすぐらいですから、風に乗ってとんでる鳥がビルのガラス窓にぶつかったら確実に首が折れますね。
[PR]
by takaortho | 2009-01-21 02:04
雨上がりの朝に スズメ
20090120_sparrow
【焦点距離短縮のため、中間リング使用】

最近にしてはめずらしく寒さの緩んだ早朝。夜半からの雨もあがり、スズメたちの賑やかな声が聞こえていました。
[PR]
by takaortho | 2009-01-20 15:43
夕暮れ時・・・・スズメ
日が落ちかけると、にわかにスズメたちが薄暮の中飛び交うようになります。
夜になると決まった場所にスズメが大集合しているのをよく見かけるので、そうした家路につく途中かな、、、。
c0034905_21111419.jpg


【EOS1DMkIIN, EF500、ISO1600】
[PR]
by takaortho | 2008-07-31 18:32
近況:すずめ
最近、市街地を少しだけ離れ、静かな場所に引越しました。↓家のベランダから
c0034905_0431920.jpg

引越のあとかたづけなどであたふたとしてるうちに、気づけば鳥閑期。暑くてイワツバメを見にいく気にもならず、秋の渡りまで、休眠、、、、、、?
ということでイージーに近所で撮った田んぼバックのスズメです。
なかなか嘴の黄色い幼鳥には会えませぬ。
c0034905_0541575.jpg

c0034905_0543925.jpg

[PR]
by takaortho | 2008-07-08 00:56 | 雑記
Resolute but gentle look ヒドリガモ
 毅然としてるけど、どこか穏やかな眼差し。秋の鳥はそんな風に見えることが多いです。
 この日を境にヒドリガモもあまりここでは見なくなりました。
【EF400DO、ISO320、f4.0、 Handheld】
c0034905_0261997.jpg

c0034905_0263875.jpg

c0034905_0265651.jpg

[PR]
by takaortho | 2006-11-22 01:25
Out of Curiosity スズメ
 昨年同様、今年もうちのガレージにスズメが出入りするようになりました。大人に混じって幼鳥も一緒です。暗いところなので、せめて目にキャッチが入る時間帯を選んでこっそり撮影。
 
好奇心の塊。
c0034905_0272045.jpg

それには勝てずにヒョイっとルビコンを渡りました。
c0034905_027447.jpg

まだ嘴の基部が黄色い。
c0034905_028526.jpg

表情もいろいろありますね。
c0034905_0282243.jpg

[PR]
by takaortho | 2006-06-14 00:41
a fat Sparrow ふくら雀
女性の髪の結い方や、帯の結びにも名前のついた、かわいい雀のウォームビズ。
少しボケとブレが入ってしまったのは(1枚目)、ご愛嬌ということで大目に見てやってくださいませ。
c0034905_1424559.jpg

c0034905_143160.jpg

[PR]
by takaortho | 2006-01-22 01:43
a Sparrow
 熱いトタン屋根の猫ならぬ、錆びたトタン屋根の雀。農道脇の小さな用具置き場の屋根の上にいっぱい止まっていました。が、そっ~と近づいていくと、我先にと飛び立っていきます。逃げずに残ってくれた一羽。
c0034905_20553411.jpg


 と見ると、下の地面にも仲間が。状況がよくわかってないのか、身を屈めて、なんだか心細そう。ちょうどこの時、上空に前回のハヤブサを発見したのですが、この行動との因果関係はわからずです。
c0034905_18194026.jpg

[PR]
by takaortho | 2005-12-02 18:36
Sparrows in a rural landscape
カモさんはちょっとこってり系ですが、こっちはちっちゃいのであっさりと見れます(^・^)
少し気が早いですが、秋になったら稲穂にちょこんとのっかる彼らの姿が想像できます。
c0034905_20424057.jpg

c0034905_20431474.jpg

c0034905_20433554.jpg

c0034905_20443615.jpg

[PR]
by takaortho | 2005-08-15 20:47