「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
Bird's Shiesta-野鳥のお昼寝-
takaortho.exblog.jp
just before sunset 夕暮れになる前に
c0034905_22415763.jpg
怪我をしてからおよそ2ヶ月、案の定、車のバッテリーがあがっていたので久しぶりにJAFのお世話に。ただし、まだ運転はできません。腕をリハビリがてら、いろいろ動かしたいので車や車庫、庭など徹底的にきれいに。水もいっぱいあびてとても気持ちいい。ふと気づくと、西の空が不思議な色に染まりつつあるじゃないですか。45mmをつけて、空をいっぱい入れて撮ります。
c0034905_2242756.jpg
望遠にかえて、時刻5時45分5秒。
c0034905_22422124.jpg
5時46分30秒。
c0034905_22423010.jpg
5時47分27秒。山の端にかかりはじめてから、およそ2分半。いっきに沈みますね〜。こうやって望遠で見ると夕陽というより”天体”といった趣になり、そのすさまじさを感じます。まばたきする間に、人類が今まで消費してきたエネルギーの総量を軽く超える量を燃やしているんだもんなあ〜。いつかその火も消えるんだなあ〜と無意味にしみじみ、、、、、(いつかってそりゃ、50億年先なんですけどね)。
[PR]
# by takaortho | 2009-09-17 23:07
風景:富士を久しぶりに見る(by GR Digital II)
c0034905_114714.jpg
6時まで待つとようやく雲がはれ、その姿がシルエットで。
c0034905_1204211.jpg
ふと気づくと、ほのかに虹が出ている湖畔
c0034905_1213838.jpg
不安定な天候ながら、ハイダイナミックレンジな日
c0034905_121527.jpg
オフシーズン、静かな湖畔の宿
c0034905_1221797.jpg
フェリーによる波の干渉が美しい。富士も少しだけ。静謐な時間が過ぎる。
[PR]
# by takaortho | 2009-09-15 01:22 | 雑記
Just After Sunset 夕暮れを過ぎて
c0034905_320199.jpg

キングの文庫新刊「夕暮れを過ぎて」。久しぶりに待ちわびた彼の小説です。実は2007年初頭にようやく完結を見た「ダーク・タワー」の終わり方(第5部以降といったほうがいいかもしれませんが)に予想していたとはいえ、唖然、呆然、”そ、そ、、、っ、そんな〜〜〜〜〜! タミーー〜・ッフェイ~~~~~~~!!!!!!と言った感じで頭のネジが2、3本、ぶっ飛んでしまったのです。それから2年以上かかって、否認→怒り→取引→抑鬱→受容と進み、今日に辿りついた感じです。

この「夕暮れを過ぎて」にも収録されている「ハーヴィーの夢」はダークタワー完結後すぐ、まだ”怒り”のフェーズにいた頃に早川ポケットミステリの新刊にも出ていたので読んだことがあるのですが、ほんとおもしろくなかった。”キング、ダメだな、、、。”と思いつつ、”取引”フェーズへ。そして”これがおもしろかったらもう一度ダークタワー、見つめ直してもいいかな、、”と手を出した「セル」。最悪でした。これがトドメの一発になり、”抑鬱”段階へ。「セル」は数あるキング作品の中でも、私が読了できずに途中放棄した初めてのものです。

その後、”受容”へのきっかけとなったのは、映画「ミスト」と、ジョー・ヒルの「20世紀の幽霊たち」でした。「ミスト」はキングの「霧」という作品の映画化。フランク・ダラボンです。冒頭からガンスリンガーへのオマージュ?とも受け取れるシーンで目が離せなくなり、集団パニックでの人間の愚かさがどんどん出てくるにつれ、キング的なものへの反動が徐々に消失。ラストも納得。

ジョー・ヒルの「20世紀の幽霊たち」。短編集です。駄作から傑作まで玉石混淆としているというのが印象ですが、自分にとってベスト・オブ・マイフェイバリットと呼べるものに入れたくなるような作品が二編ありました。どこか懐かしさを感じさせる、あまりに現実離れしつつも、リアルな語り。キングが無性に読みたくなってしまいました(それにはちゃんとしたカラクリがあったのですが、ここでは詳しいことは書きません)。

そうやって”受容”フェーズに至ります。「夕暮れを過ぎて」に続いて「悪霊の島 」(原題:Duma Key)も来週には出ます。世の中、本と言えば「1Q84」が席巻してましたが、そんなもんですかね~。間違いなく、Haruki Murakami はノーベル賞取るでしょうがどうでもいいなあ~。それより、自分にとってはキングの創作能力の維持・保全は大丈夫なのか? っていうほうがよほど気になります。

PS
本日、久々にキングが自分の中でも動きはじめ、読んでおくべきだった本も見つけました。SFマガジン2008年六月号です。これに「消失点ー暗黒の塔」という論評が出ており、作者さんである藤田直哉氏のブログにも

”内容はスティーヴン・キングの大作『ダーク・タワー』を七部作後半から読み解くというもので、あの後半やラストが腑に落ちない方にお勧めです。なぜあんな結末や展開になったのかという謎に対するある種の解答を提示したつもりですので、お目汚しになるかもしれませんが、キングファン、『ダーク・タワー』ファンの皆様もよろしかったらご一読くださいませ。”

とあります。ならば読んでみようじゃありませんか!ということで、SFマガジンの昨年の六月号も発注です。
[PR]
# by takaortho | 2009-09-10 03:19 | スティーヴン・キング
3Gのカメラ:3GSがうらやましい
c0034905_20212719.jpg

iPhone3G のカメラは全く使えない〜!のですが、3GSのそれはなかなかよさそう、、、。なので、ソフトバンクの前を通るたびに誘惑にかられるんですよね。でも、我慢してます、、、(カメラとムービー以外の機能では自分にとってはほとんど同じなので)。

根っから写真だけは好きなのか、毎日何かを撮っては↑のように待ち受け画面にしてます。きれいに撮れたかなと思って、コンピュータで見ると、ものすごく画質が悪いのでがっかりするのが3Gです。
まあそれでもめげずにアプリで加工したりしてなんとか楽しめます。

最近の画像加工アプリの中では

TiltShift Generator for iPhone http://artandmobile.com/tiltshift/

というのが気に入っています。あおり効果をつけることのできるフィルターなのですが、彩度や明るさなどの基本的なチューニングもできます。それもLight Roomの段階フィルタのようなユーザインターフェースでなかなかカッコいいです。
[PR]
# by takaortho | 2009-09-07 20:40 | 雑記
カメラも修理
c0034905_14564854.jpg

入院などで写真が撮れないうちに、一番大事にしているマークIIIをCanonからアナウンスがあった
・AF精度の調整不具合
・ミラー動作機構不具合
の無償修理に出しておきました。マークIIIについては、1年ぐらい前にも同じAFの不具合で無償修理の対象となっていたのですが、最初からケチのついてしまった製品はなかなかリカバリするのが難しそうです。実のところ、最初の修理の後も、マークIIの時のほうがAFの精度は良かったなあと感じていたので今回の修理はすっきりしてよかったです。

ところで、デジ眼もいつのまにか、デジタルムービーがちゃんと撮れるか撮れないかで選ぶ時代がきているようで、私も今はこのムービーに一番興味があります。CanonもEOS7Dを出してきましたが、5Dで固めた1眼ムービーの路線を強化しようとしてますね。通常のデジタルビデオとの比較は一長一短があり、どんなものを撮るかで選択は変わると思いますが、デジ眼のムービーはレンズのボケ味を出せるのがとてもいいです。ただ、ムービーを撮っている間はミラーがアップした状態になるので、接眼部で撮影対象を確認することができないのが自分の中では欠点として大きいなあと感じています。液晶のところにつけるアダプタなどもいろいろ出ているようですが、どんなもんなんでしょうね〜、、、。
[PR]
# by takaortho | 2009-09-04 15:07 | 雑記
7月〜8月にかけて
c0034905_23301643.jpg

たいへんご無沙汰し、更新も滞っております。7月の最初にちょっとしたことから、大変な重傷を右腕に負ってしまい、おとなしくしておりました。

詳しく言うと、右側上腕骨近位部骨折というもので、
http://www.jiko110.com/contents/gaisyou/joushigaisho/index.php?pid=3002&id=1138878501
の図にあるような3パーツ型で、近位の骨頚部でまず折れて、結節側のほうがさらに二つに分解して、それの転位を起こした状態でした。

全身麻酔下で手術を行い、上腕骨に髄内釘というのを埋め込み、スクリューで固定し、転位骨片も同じくスクリュー固定しています。私も始めて知ったのですが、髄内釘というのは
http://www.biomet.co.jp/products/trauma1.htm
のような奴で、骨幹部の初期固定に最もいいらしいです。

1週間ほど入院し、その後リハビリを続けています。現在は仕事に差し支えない程度に動かせますが、大きな撮影機材などはまったくダメで、楽しみにしていた日食のデジ眼でのムービー撮影もはかない夢と消えました。

入院中は窓からこんな景色が見えていました。
c0034905_2339924.jpg

そんな今日この頃です。
[PR]
# by takaortho | 2009-08-28 23:39 | 雑記
それにしても雨多いです
例年、GWの頃はシギチを見に遠征に出かけるのですが、今年は高速道路の料金値下げによる渋滞を避けることにしました。なので、ほとんど出かけずに、手をつけずに放っておいた本と録りだめした映画の毎日。かなりすっきりしました。その間、天気は雨ばかりで、なんだか得した気分(?)です。

そんな空模様の中、最初から白黒で処理するつもりで撮ってみました。
頭を振っている時の顔は、濡れていることもあり、なんだかスズメを通り越しちゃってますが(こち亀の両さん?)、頭だけは静止しているのが不思議です。

20090507-_S1J5020
20090507-_S1J4986
20090507-_S1J4958

【EOS1DMkIII EF500 F4x1.4, ISO1250】
[PR]
# by takaortho | 2009-05-07 22:01 | 雑記
オナガガモ Pintail Duck
20090128-pintail duck
【EF300F4Lx1.4】
先日、同行していた家内が撮ったものです。同じ場所で撮影しても少し違うものが撮れますね。
[PR]
# by takaortho | 2009-02-03 01:59
ジョウビの帰還 Daurian Redstart (Female)
20090129-daurian redstart1

近所に憩いの森のようなところがあって、3年前ぐらいはよくジョウビを見かけました。近くで大きな施設の工事をダラダラと2年以上やっていたでしょうか、それもやっと終わり、久しぶりにこの場所でジョウビを撮りました。
あいにく天候が悪く、それも4時近くになってから。ISO800まで思い切ってあげましたが、予想ほどノイズが気にならないので驚き。これもLight Room のおかげ(?)ってことだったらうれしいんですが、、、、。とにかく不思議です。

20090129-daurian redstart4
20090129-daurian redstart2
20090129-daurian redstart5

ところで今までジョウビタキの英名、Daurian Redstart が今ひとつ意味がよくわからないなあ〜と思っていたのですが、ちゃんと調べてみました。性格でしょうか、気になるんですよね、こういうのが(笑)。
Daurian というのは transbaikal (バイカルを超えて?)、おおよそ、ロシアのバイカル湖の東に広がる山岳地帯を指す言葉のようです。
また、 Redstart は Red Tail (古英語で足を表す steort が start に変化)、つまり”赤い脚”を表すようです。
つまりバイカル湖東の山岳地帯にいる赤い脚の鳥ってことですね(ジョウビタキは Redstart 類でも脚が赤くなく黒いですが、、)。
バイカル湖は↓の地図の中心

http://maps.google.co.jp/maps?f=q&source=s_q&hl=ja&geocode=&q=ãÂÂã¤ã«ã«æ¹Â&sll=36.5626,136.362305&sspn=56.419123,135.351563&ie=UTF8&ll=54.110943,107.753906&spn=42.742647,135.351562&z=4" target="_blank

にありますので、冬に日本にやってくるジョウビタキが夏の間はどこで過ごすのか、およそのエリアがわかります。
[PR]
# by takaortho | 2009-01-30 00:47
ヒドリガモ Europian Wigeon
オナガと一緒の時に撮影したヒドリガモ。こちらは動きらしい動きがなく超のんびりモード。
20090128-Europian Wigeon2
20090128-Europian Wigeon1

近くにやってきたハクセキレイ。
20090128-white wagtail
[PR]
# by takaortho | 2009-01-28 22:25