「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
Bird's Shiesta-野鳥のお昼寝-
takaortho.exblog.jp
<   2006年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧
近況 : Got a parking ticket,,,,,
 新しいレンズを手に入れたので、昼休みにシャッターを切りに出かけてみました。これぐらいの軽装備なら近所の有名公園に行けるかなと思ったのですが、ほとんど中に入ったことがないので、やはりいつもの雑木林に。
 しかし、この日はいつも停めておく駐車場が工事中。ちょっとならいいかとあまり人通りのないところに車を停め、20分後に戻ると!ちゃーんと駐禁のステッカーが貼ってありました。95年のシートベルト検問に引っかかって以来の違反となりました、、、(皆さんも気をつけましょう)。
 う~ん、新たなフィールド開拓しなきゃ。
↓その時のヤマちゃん。キビタキ♂もまだいてました。
c0034905_15323111.jpg

【EOS1DMkIIN EF400DO、ISO200、f4.5、160, Handheld】
[PR]
by takaortho | 2006-10-31 15:32 | 雑記
Sanderling taking a nap ミユビシギ
 いい加減同じ日に撮ったシギチの写真から脱却せねばなりません。これで最後ですが、この後時間が撮れず、新作はどこに撮りにいけばよいやら、、、。

 このブログのタイトル通りのカット。家人がノートブックの壁紙にしたいというので一枚目だけちょっと大きめの1280x800のサイズにさせていただきました、Sorry。
c0034905_1924670.jpg

c0034905_15512217.jpg

c0034905_15513489.jpg

 起きると伸びをしたりします。肩羽が好きです。
c0034905_15515051.jpg

c0034905_1552222.jpg

[PR]
by takaortho | 2006-10-22 15:53
Grey Plover on touchdown ダイゼン
 逆光を浴びるダイゼン、舞い降り。
c0034905_2351082.jpg

[PR]
by takaortho | 2006-10-20 12:18
Bar-tailed Godwit wounded
 左脚が傷ついたオオソリハシシギを見かけました。Tarsus(”ふしょ”といいますが、難しい漢字で変換できません)のあたりに結節様の腫れらしきものがあり、これが原因なのか接地できないようです。表面も荒れているので骨折でもしたのでしょうか。右脚と比べると違いがわかります。
 飛び出すときも左脚が使えないですが、いったん飛べば、飛行に影響はなさそうに見えます。他の元気そうな2羽と一緒にのんびりとくつろいでいましたが、ちょっとずつ行動に遅れをとっているように見えました。
c0034905_1243592.jpg

c0034905_125059.jpg

c0034905_1251184.jpg

[PR]
by takaortho | 2006-10-20 12:07
Pectoral Sandpiper ?ではなくGreat Not(juv)と判明。間違っていました。
アメリカウズラシギに似てるなあ~、いやまさかなあ!、なんだろう??と思いながら撮ってました。図鑑で調べるとやはりアメウズのようです。初見でした。

と書いたのですが、オバシギの幼羽のようです(○○さん、本当にありがとうございます)。
オバシギはもっと羽衣がグレーだと思っていたのですが、写真を見ると体のプロポーションもオバシギそのものでした。僕にとってはどちらもライファーでしたが、ちょっとガックシかな。
同定用画像。
c0034905_18562163.jpg

毛づくろい中。
c0034905_18571334.jpg

気づかれたみたいですが、この後も熱心に毛づくろい。おしゃれですね。
c0034905_18575898.jpg

すごくきれいな鳥です(って鳥はどれもそうですよね)。
c0034905_210865.jpg

大きな二枚貝を見つけました。
c0034905_18584438.jpg

[PR]
by takaortho | 2006-10-19 19:00
Perspectives in a windy day ミユビシギ
強風の日のミユビたちの遠景。
c0034905_21302510.jpg

c0034905_18152978.jpg

c0034905_18154317.jpg

[PR]
by takaortho | 2006-10-19 18:16
Snowy Plover, Dunlin and Sanderling in Flight シロチドリ、ハマシギ
ピュルル~と鳴き声が聞こえたかと思うともう目の前に。彼らは飛ぶ姿もワンダフル。
後ろから行くシロチとハマシギが前のシロチに2枚目で追いつきました。
3枚目のミユビは完全に合焦してませんが、羽形がとても好きなので残しました。
c0034905_1905294.jpg

c0034905_2225699.jpg

c0034905_07377.jpg

【EOS1DMkIIN EF600mm 、ISO200】
[PR]
by takaortho | 2006-10-17 19:01
Sanderlings in an Autumn Morning ミユビシギ
 朝の爽やかな光の中、彼らの1日が始まりました。時折、群れで飛び立ちます。そのカットは逆光過ぎてどうもイメージに合わないので不可。ちと残念ですが、またいつか。
c0034905_18534872.jpg

c0034905_21314322.jpg

c0034905_21315821.jpg

c0034905_18551279.jpg

c0034905_18553171.jpg

c0034905_1855529.jpg

【EOS1DMkIIN EF600mm with x1.4TC、ISO200~125】
[PR]
by takaortho | 2006-10-17 18:59
Dunlin feeding
 前回と同じ日の在庫から。
 この日はハマシギも3羽ほどこうやって採餌しているのを見かけました。ピュイピュイ~と鳴いて一瞬で飛び去っていきました。水面が細かく波打っているのは風のためです。
【EOS1DMkIIN EF600mm with x2TC、ISO400】
c0034905_114525.jpg

[PR]
by takaortho | 2006-10-16 01:14
Fishing Line トウネン
 先週の風の強い日に撮影した在庫からです。Red Necked Stint(juv?)。
 脚のToeの間に釣り糸らしき繊維ががっしりと食い込んでしまって右脚を降ろすことができないのです。おそらく脚を伸展させると痛むのでしょう。今は元気に餌をとったりしてますが、今後、壊疽を起こして最悪の場合、敗血症とかで死んでしまう可能性があります。瞬間的に捕まえて、糸を取り除けたらいいのですが、、、。
【EOS1DMkIIN EF600mm with x2TC、ISO400】
c0034905_0565397.jpg

c0034905_0571051.jpg

c0034905_0572522.jpg

c0034905_0573914.jpg

[PR]
by takaortho | 2006-10-16 01:05