ブログトップ
Bird's Shiesta-野鳥のお昼寝-
takaortho.exblog.jp
<   2005年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧
Mongolian Plover, non-breeding plumage, Osaka メダイチドリ
メダイチドリ。
下のトウネンのすぐ近くにいました。潮風の強い日でした。

どこかで、誰かが♪
c0034905_23463259.jpg


「あっしには関わりのねえこって。。」
c0034905_2348186.jpg


風の中で待っている♪
c0034905_2347974.jpg

[PR]
by takaortho | 2005-09-27 23:50
Red-necked Stint non-breedeing plumage, Osaka トウネン
最近シギチばかりなので、訪問してくださった方、ごめんなさい(*_*)
この時期に渡ってくるヒタキ系の鳥はまだあまり見ていません。
これも休みの時に大阪のO川河口で撮った在庫です(・・;)
潮の香りを強く感じる干潮後の河口で、決してきれいとはいい難い水溜りに、小さなトウネンたちを見つけました。

逆光の位置なのでなかなかキャッチがはいりません。
c0034905_11563773.jpg


アウトドアで生活してるのに、羽はいつも清潔感たっぷり。
c0034905_11565514.jpg


嘴と水面の感じがなぜか気にいりました(^・^)
c0034905_11571379.jpg

[PR]
by takaortho | 2005-09-27 12:01
Sanderling, non-breeding plumage, Tokushima ミユビシギ
先週のお休みに徳島で撮ったミユビシギです。おそらく若鳥だと思います。

おいしいものに夢中なご様子。
c0034905_15293829.jpg


右に、
c0034905_15301598.jpg


左にと、華麗にフェイントをかけながら、
c0034905_15303237.jpg


波打ち際を走るのが好きです。
c0034905_15295953.jpg


また、何か見つけましたね。
c0034905_15313018.jpg


そんなミユビシギです。
c0034905_15314698.jpg

[PR]
by takaortho | 2005-09-25 15:46
Common Snipe in a Autumn タシギ
久しぶりに干拓地に行ってみると、田んぼの水はいたるところで抜き取られ、今まで水がたっぷり入っていた休耕田もほとんどが干上がっていました。目にするのはコサギばかりです。
もうそろそろシーズンも終わりかなと思いつつ、念入りに探していくと、タシギの群れを目にしました。

意外に優雅なウォーキング。今まで歩いてるのはあまり見たことがありませんでした。
c0034905_0445355.jpg


ふと見ると、とても近いところにいるのに気づきませんでした。
夕日にキャッチが入ってくれました。
c0034905_0463545.jpg


タシギのお腹の羽毛がこんなにきれいだなんて。(これは横を縦に大きくトリミング)
c0034905_0463082.jpg


そして、とってもきれいな羽毛のこの子はいったい誰?でしょうか。
c0034905_0474580.jpg


またちょっと成長したバンの若です。雛の時とは見違えるぐらいきれいになってました。
以前いたところに、まだ留まっていてくれたのでした。
c0034905_0493856.jpg

[PR]
by takaortho | 2005-09-24 00:53
Bar0tailed Godwit, Tokushima
河口で撮影していると、Peroさんの掲示板でお世話になっているRさんに偶然にお会いしました。そのRさんに教えてもらい初見のオオソリハシシギを見ることができました(^・^)
写真的にはあまりにありきたりになってしまったのが残念ですが、楽しいひと時でした(^・^)

かなり近づいたところでレンズを向けますが、警戒することもなく、
c0034905_19343095.jpg


採餌を続け、
c0034905_19355762.jpg


伸びをしています(アラベスクというバレーのポーズとのことです)。
c0034905_19351917.jpg


最後はどんどん近づき、こちらを気にすることもなく、真横をスルーしていきました(@_@;)
c0034905_19364360.jpg

[PR]
by takaortho | 2005-09-23 19:50
Black-winged Stilt, Tokushima セイタカシギ
春には会うことができなかったのですが、今回は入っているのを見つけることができました。脚の長さがわからないのはちょっと残念ですが、独特の雰囲気を持った鳥でした。
c0034905_12325634.jpg

c0034905_12342557.jpg

c0034905_12345288.jpg

c0034905_12351978.jpg

c0034905_12342925.jpg

c0034905_12344517.jpg

[PR]
by takaortho | 2005-09-21 12:42
Red-necked Stint non-breedeing plumage, Tokushima トウネン
今回、トウネンは打ち上げられた木くずのところでゴミアサリ(?)ばかりしているので、あまり撮ることができませんでした。とはいえ、僕が帰ったこの日の午後、トウネンの群れの中に珍しいシギがいたそうなので、RAWで嘴の形だけでも見てみるも、そんな都合のいいことあるわけないですわね~^^;
c0034905_1363997.jpg

c0034905_138833.jpg

c0034905_137912.jpg


そんなトウネンの近くにシロチドリや
c0034905_1385889.jpg


ダイゼン(?)若もいました。
c0034905_138491.jpg

[PR]
by takaortho | 2005-09-21 01:40
徳島ハス田編 : タカブシギ
Wood Sandpiper (森の砂地で鳴くもの)という英名は、繁殖地が針葉樹林の湿地であることから来ているようです。

徳島上陸後の記念すべき未明のファーストショット。タシギとのツーショットでした。
c0034905_21414045.jpg


好きなポーズ。
c0034905_2142889.jpg


夕方のハス田。寝ている仲間がいる中で一人気を吐くものがいます^^;
c0034905_21443994.jpg

c0034905_21435285.jpg

[PR]
by takaortho | 2005-09-20 21:44
Terek Sandpipers, swift runnners ソリハシシギ
今回の遠征で一番撮るのが難しかった干潟の韋駄天ことソリハシシギです。
Peroさんのネーミングをそのまま拝借させていただきました(^.^)

ソロでも
c0034905_23435616.jpg


シンクロデュエットでも走ります、走ります。
c0034905_2343985.jpg


ちょっと距離を詰めると、別の場所に飛んでいきます^^;
c0034905_23443155.jpg

[PR]
by takaortho | 2005-09-19 23:54
Fantail Wabler in a late summer
写真は8月末の在庫ですが、最近は田んぼとかに行ってもジュン~ジュン~ジュン♪という鳴き声がほとんど聞こえなくなってきました。もうしばしお別れですね。
c0034905_10333598.jpg

c0034905_10325735.jpg

[PR]
by takaortho | 2005-09-17 10:33