「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
Bird's Shiesta-野鳥のお昼寝-
takaortho.exblog.jp
カテゴリ:スティーヴン・キング( 5 )
スティーブン・キング「悪霊の島」読了
c0034905_1455695.jpg


スティーブン・キングの「悪霊の島」(原題:Duma Key)読み終えました。前半の主人公エドガーに降りかかる事故 --対側衝撃(カントラクー)-- 、リハビリ、鎮痛薬 -- オキシコンチン、 バイコディン -- など、自分の怪我で少しなじみがあるのか、すんなり入り込み(私は手術後、そんな強い鎮痛薬は飲んでませんが)、ワイアマンのスペイン語にのせられ、上巻の2/3を過ぎたところから一気呵成の勢いがつきました。しかし、ページをあまりに早く繰るのはもったいないのです。何度も復誦しつつ、ゆっくり静かにエンディングに向かいました。結論、この小説は出色の出来といっていいのではないでしょうか!! キング先生!! 。

そして何より、キング渾身のあのフライング技(掟破りの”事前予告”)、しっかりと受け止めさせていただきましたよ。そして、そこで僕の中で何かが確実に壊れました.........。
ココです↓

-下巻169p-
ふりかえって、わたしに手をふってくれたが、そのときにはもう曇りガラスごしにぼんやりと浮かぶ若い女らしい人影に過ぎなかった。いまとなれば、その姿をもっとよく見ておけばよかったと心の底から悔やまれる。というのも、それっきり会うことはなかったからだ。



タイミングをひとつ間違えれば全てが台無しになってしまう技だと思うのですが、ほぼ完璧ではないでしょうか。「ザ・スタンド」でも使われています。
ココです↓ スタンドの中でも最も好きなシーンのひとつです。


-V巻276p-
三人は歩き出した。そして彼らが○○○○・○○○○○○○とめぐりあうことは、以後二度となかった。



そんな風に予告されてしまうと、その登場人物の未来がもうわかってしまうのだけれど、そんな事前通告何のその!! 輝きが失われることはないどころか、さらに魂が吹き込まれるんですね。もう、ワイアマンではありませんが、”クソったれの馬鹿ったれ! ( Cojudo de puta madre ! )” です。

そして終了に近い第21章「月明かりの貝殻」はキングの作品のなかでも、その ” 悲しみ” の度合いでは傑出していますね。涙腺の弱い人は確実にやられそうな、素晴らしいとしか言いようのない文章群。単語の無限の組み合わせの中から、あのシーンへの最適解が提示されてると思います。というか、あれを”言語”で表現できる小説家はそれほど多くないと思います。僕はそのキングの小説家としての能力に感動し、思いました。やっぱりあのオッサンは、偉大なギフトを天から授かっているのは間違いないし、まだ枯れていないのだ..........(ただし、なぜ、それをダークタワーの最後で使わなかったのか、いまだに納得できませんけどネ......。無限の先の無限を、すべてをはねのける特異点を、およそイメージすることのできない10次元を超える複数次元を3次元の我々に手に取るようにプレゼンできる人はそのギフトを授かっている人しかできない御技なのだから...........)。

来月には↓ Under the Dome が出版されます。それまで、もう一度Duma Keyを原書とオーディオブックで味わうつもりです。特にワイアマンの台詞、スペイン語でどんな風に発音されてるのか、ものすごく気になるのであります。「おい、若造 (ムーチヤチョ)! 」以外にも。これはもうオーディオブックしかないでしょ。

c0034905_1394134.jpg


ちなみに ”ムーチャチョ” の発音は
http://www.merriam-webster.com/dictionary/muchacho

どちらかというと、ムチャーチョウ という感じになりますね。読んでいる時は、そのような感じで音をイメージしてました。また、このワイアマン、私は俳優のジェームズ・コバーンさんが真っ先に浮かび、それ以来、ずっーと彼で読み切りました。
[PR]
by takaortho | 2009-10-10 01:34 | スティーヴン・キング
スティーブン・キングの新刊 「悪霊の島」(原題:Duma Key)
c0034905_23313061.jpg

キングの 「Duma Key」の翻訳「悪霊の島」上下が届き、読み始めました。この帯に書いてある通りの帝王復活をお願いします。
主人公の怪我の規模とは雲泥の差があるのですが、最近自分自身も大怪我をしたこともあり、3ヶ月前の自分とは違う読み方もできそう。まだ50pほどですが、時折挿入されてくる視点の違うセクションの意味がまったく予想できず、期待は膨らみます。
[PR]
by takaortho | 2009-10-01 23:46 | スティーヴン・キング
Just After Sunset 夕暮れを過ぎて
c0034905_320199.jpg

キングの文庫新刊「夕暮れを過ぎて」。久しぶりに待ちわびた彼の小説です。実は2007年初頭にようやく完結を見た「ダーク・タワー」の終わり方(第5部以降といったほうがいいかもしれませんが)に予想していたとはいえ、唖然、呆然、”そ、そ、、、っ、そんな〜〜〜〜〜! タミーー〜・ッフェイ~~~~~~~!!!!!!と言った感じで頭のネジが2、3本、ぶっ飛んでしまったのです。それから2年以上かかって、否認→怒り→取引→抑鬱→受容と進み、今日に辿りついた感じです。

この「夕暮れを過ぎて」にも収録されている「ハーヴィーの夢」はダークタワー完結後すぐ、まだ”怒り”のフェーズにいた頃に早川ポケットミステリの新刊にも出ていたので読んだことがあるのですが、ほんとおもしろくなかった。”キング、ダメだな、、、。”と思いつつ、”取引”フェーズへ。そして”これがおもしろかったらもう一度ダークタワー、見つめ直してもいいかな、、”と手を出した「セル」。最悪でした。これがトドメの一発になり、”抑鬱”段階へ。「セル」は数あるキング作品の中でも、私が読了できずに途中放棄した初めてのものです。

その後、”受容”へのきっかけとなったのは、映画「ミスト」と、ジョー・ヒルの「20世紀の幽霊たち」でした。「ミスト」はキングの「霧」という作品の映画化。フランク・ダラボンです。冒頭からガンスリンガーへのオマージュ?とも受け取れるシーンで目が離せなくなり、集団パニックでの人間の愚かさがどんどん出てくるにつれ、キング的なものへの反動が徐々に消失。ラストも納得。

ジョー・ヒルの「20世紀の幽霊たち」。短編集です。駄作から傑作まで玉石混淆としているというのが印象ですが、自分にとってベスト・オブ・マイフェイバリットと呼べるものに入れたくなるような作品が二編ありました。どこか懐かしさを感じさせる、あまりに現実離れしつつも、リアルな語り。キングが無性に読みたくなってしまいました(それにはちゃんとしたカラクリがあったのですが、ここでは詳しいことは書きません)。

そうやって”受容”フェーズに至ります。「夕暮れを過ぎて」に続いて「悪霊の島 」(原題:Duma Key)も来週には出ます。世の中、本と言えば「1Q84」が席巻してましたが、そんなもんですかね~。間違いなく、Haruki Murakami はノーベル賞取るでしょうがどうでもいいなあ~。それより、自分にとってはキングの創作能力の維持・保全は大丈夫なのか? っていうほうがよほど気になります。

PS
本日、久々にキングが自分の中でも動きはじめ、読んでおくべきだった本も見つけました。SFマガジン2008年六月号です。これに「消失点ー暗黒の塔」という論評が出ており、作者さんである藤田直哉氏のブログにも

”内容はスティーヴン・キングの大作『ダーク・タワー』を七部作後半から読み解くというもので、あの後半やラストが腑に落ちない方にお勧めです。なぜあんな結末や展開になったのかという謎に対するある種の解答を提示したつもりですので、お目汚しになるかもしれませんが、キングファン、『ダーク・タワー』ファンの皆様もよろしかったらご一読くださいませ。”

とあります。ならば読んでみようじゃありませんか!ということで、SFマガジンの昨年の六月号も発注です。
[PR]
by takaortho | 2009-09-10 03:19 | スティーヴン・キング
キングのプレミアブック
スティーヴン・キングのプレミアブック『コロラド・キッド』、当たりました。
1万冊当たるということでしたが、現物が届くとやっぱりちょっとうれしいですね。
”KID”の文字の上に描かれているのはカモメでしょうか。
c0034905_22555335.jpg

[PR]
by takaortho | 2006-06-05 22:56 | スティーヴン・キング
近況
 日曜は久しぶりに晴れとあって、時期を逸したお花見散歩を兼ねて、家族サービスで「六盛」で手桶弁当にあずかりました。平安神宮周辺の疎水には桜の花びらがいっぱい浮かんでいて寂しい風情も。
 帰宅後、せっかくの天気なので、近所の森に分け入り、キビタキでも来ないかなと待つこと1時間。やって来たのは大雨(泣)。車まで戻る間にもたっぷり機材は濡れて、その後のメンテがたいへんな一日とあいなりました。

 『植田正治 写真集・吹き抜ける風』 求龍堂 、購入しましたが、「UEDAワールド」再現のために開発された特色《UEDAグレー》を使用したとあって、いい色が出てるんだと思います。氏の作品を昔ニコンサロンの「風景の光景」展で偶然に観て以来、折に触れ、目にしてきましたが、やはり飽きないものですね。また大山まで足を伸ばしてみたくなりました。

 キングの『暗黒の塔V:カーラの狼』取り掛かりました。あまりに面白いので、逆にブレーキをかけながら一語一語味わって読むようにしています。『IV・魔導師の水晶球』の2000年以来の再読をやっと完了したので、その反動でしょうか。水晶球の下巻360ページはわかっていても、読むのが怖かった。。。ローランド、スーザンの運命の過酷さを味わってしまうのが。
 これ読むと、『世界の中心で愛を叫ぶ』とか読んでる輩の横っ面を全員張り飛ばしたくなるのですよね(笑)、正直なところ。

 写真は雨が降りはじめた時、森の中に飛んできたトビです。普段、こんな枝いっぱいのところに飛んでくるのを見たことがないので、暗いこともあって一瞬、オオタカ?!と勘違いし、アドレナリン全開でシャッターを切ったら、その音に反応したのか、相手も微妙にオタオタと木にランディング。よく見ると、小さな肉片も落としてますし。。。。やっぱりトビちゃんですね。
[ISO1250、SS1/320、横位置で撮ったのを縦にトリミング]
c0034905_1271176.jpg

[PR]
by takaortho | 2006-04-17 01:27 | スティーヴン・キング